施術を受ける際のルール

照射

サロンで施術を受ける際のルールとは

札幌の脱毛サロンに通う際のルールは、メガネやアクセサリーを外してから施術室に入ることです。特に多いのがピアスを付けたまま施術室に入ってしまうケースなので、忘れずに外すようにしましょう。札幌の脱毛サロンに着いたらすぐにアクセサリー類は外しておく習慣をつけておくのも有効です。他にもメイク室に長時間居座るのも、札幌の脱毛サロンではルール違反であるといえます。次に利用する方もいるので、メイク直しが終わったらすぐに退室するようにすることが大切です。札幌の脱毛サロンのスタッフが困っている点として挙げられるのが、バンドエイドです。脱毛サロンでは基本的に傷がある箇所は施術しない方針のところが多いですが、傷が残っている場合は施術するケースがあります。しかしそのバンドエイドを剥がして周りをきれいに拭き取るのに時間がかかってしまうので、傷が治ってきたなと感じたら事前に自宅でバンドエイドをきれいに剥がしておくことがポイントになります。VIO脱毛をする時に、暗黙のルールがあることを知っていますか。それは施術前にシャワーかウォッシュレットをしておくことです。VIOの施術では粘膜ギリギリまで照射することがあるので、スタッフの方がデリケートゾーンに接近しながら施術を行うことになります。したがってVIOの施術前にはなるべくシャワーかウォッシュレットをしておくようにしましょう。それが脱毛する側のエチケットであるといえます。